肝斑とは、皮膚にできる色素斑の一つです。形状が肝臓に似ていることからこの名がつきました。肝斑は30~40歳以上の女性たちに多く見られます。特徴としては、両頬や額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称性にある、地図のようにべったりとして見える、更年期、ピル内服中などに出現することがある、妊娠、出産時期に出現したまま改善しないなどです。肝斑は女性の美容にとってひどいですから、肝斑改善薬はありますか?ほんブログは肝斑改善薬、そして、肝斑の原因、治療などの情報をまとめます。

肝斑の原因
女性ホルモンが肝斑の原因と考えられている理由をもっと細かくみて見ましょう。 肝斑ができるのは、30代~40代の女性で発症が始まるケースが多く、女性ホルモンバランスが大きく崩れる更年期の40代後半から50代においてはさらに発症が増加し、約半数が肝斑もしくは肝斑の疑いのあるシミを自覚しているという調査もあります。

肝斑の原因としては、女性ホルモンの影響が大きいとはいえ、ほかのシミ同様に紫外線などによる肌への刺激も関係していると言われています。紫外線は色素沈着のもとになるメラニン色素の発生に関係しているからです。できてしまった肝斑の濃さにも影響すると言われています。

また、精神的なストレスによってホルモンバランスがくずれることが影響する場合もある他、過度のマッサージ等、物理的な刺激でも悪化する場合もあります。

肝斑の治療
肝斑の治療については、まずは、医療機関に相談することです。一般的な病院を利用するのであれば、当然ながら受診先は皮膚科になります。

そして、レーザー治療の技術進歩や知名度アップだけでなく、美容系のクリニックにも肝斑治療の特別プランが用意されるなども手伝っての利用者増といえるでしょう。

また、肝斑を治療する代表的な内服肝斑改善薬として、第一三共ヘルスケア社から発売されている「トランシーノ」があります。OTC医薬品として国から認められているので、薬剤師のいるドラッグストアであれば購入することができます。
トラネキサム酸の内服肝斑改善薬は、メラニンをつくり出すメラノサイトに信号を送る「メラノサイト活性化因子」のはたらきを抑え、肝斑の生成を抑制します。ビタミンCやハイドロキノンなど美白外用剤を組み合わせて処方する場合もあります。体の内側からおだやかにはたらきかけるのみ肝斑改善薬は、有効な治療法の一つといえるでしょう。

外用肝斑改善薬では、気になる肝斑にピンポイントで高濃度の成分を届けることができます。ハイドロキノンは、一般的なアルブチンやコウジ酸などに比べ、約100倍もの美白作用があると言われ、「肌の漂白剤」とも呼ばれる強力な美白剤です。