肝斑は、肝斑とは、顔の頬骨のあたりなどに、左右対称に浮き出てくるシミのようなもののことを指します。肝斑の治療法にはトラネキサム酸の服用が効果的です。そのトラネキサム酸が主成分のトランシーノIIは、肝斑に対する効能効果が認められた、OTC医薬品です。女性ホルモンなど、体の内面からの原因による所が大きい肝斑ですが、紫外線により濃くなることもある為、紫外線対策は万全にする必要があります。また、なるべくストレスのない生活を送ることが大切です。
肝斑発症の特徴が30~40代の女性に多いことや、男性には発症しないという点、肝斑の出るタイミングとして、妊娠や経口避妊薬使用などが挙げられるケースがとても多いことなどから、女性ホルモンの減少および分泌バランスの乱れなどが最も大きく関係していると考えられています。
肝斑(かんぱん)の3つの原因
ホルモンバランスの乱れ
肝斑ができるのは、ホルモンバランスの乱れに大きな原因があると言われています。紫外線などが大きな原因とされる一般的なシミ・そばかすなどとは異なる特徴です。
紫外線などの刺激
肝斑の原因としては、女性ホルモンの影響が大きいとはいえ、ほかのシミ同様に紫外線などによる肌への刺激も関係していると言われています。
ストレス
間接的な原因になりますが、ストレスも肝斑の原因ななることがあると言われています。ストレスによって、ホルモンバランスが崩れることがあるからです。