肝斑とは
肝斑は、妊娠やピルの服用との関係が指摘されることから、女性ホルモンのバランスが影響してできるシミといわれています。30~40代の女性の顔面、とくに頬、額、上口唇に左右対称に淡褐色の色素斑が現れます。妊娠時に現れる場合は、妊娠2~3カ月ころから現れることが多く、次第に色調が濃くなります。出産後には徐々に消えていく場合もありますが、長期に持続する場合もあります。

肝斑の原因
肝斑の原因というと、主に紫外線やホルモンバランスの乱れに密接な関係があります。肝斑だけでなく、ほかのシミの予防や悪化を抑えるために紫外線対策はとても重要だし、肝斑も紫外線にあたることで表に現れたり、悪化したりします。いづれにしても紫外線はお肌の大敵ですので、紫外線ケアはしっかりしましょう。通常、肝斑は閉経とともに薄くなったり、消えたりする傾向にあるといわれています。また、高齢者でほとんど肝斑は発症しないのです。

他には、肝斑は、妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにできることもあり、女性ホルモンとのかかわりが指摘されています。また、精神的なストレスによってホルモンバランスがくずれることが影響する場合もある他、過度のマッサージ等、物理的な刺激でも悪化する場合もあります。

肝斑の治療薬
肝斑の治療薬の市場で、とてもに人気があるものはトラネキサム酸とL-システインです。トラネキサム酸は、色素沈着抑制効果をもつ内服薬で、肝斑に効果を発揮します。症例によりビタミンCやハイドロキノンなどの美白外用剤を組み合わせることもあります。L-システインは皮膚や髪の毛、爪などに多く存在し、身体の内側から代謝を助けるアミノ酸の一種です。メラニン色素の生成を抑え、過剰にできてしまったメラニンを肌の新陳代謝であるターンオーバーによって皮膚の外へ排出します。