肝斑とはほお骨にそって、目の周りを避け、左右対称に出来るシミのことです。特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。額や口の周辺にもできることがあります。目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。
肝斑は30代から40代にかけて発症することが多いようです。原因はまだあまりよくわかっていませんが、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用を契機に発症したり、閉経後に軽快したりすることから、女性ホルモンとの関連が指摘されています。そのため、主に男性よりも女性のほうが、この症状で悩みを抱えている方が圧倒的に多いようです。
女性ホルモンの減少や乱れが肝斑の原因だとしても、紫外線が肝斑の濃さなどにまったく関係がないかというと、そうとも限りません。紫外線を浴びすぎれば、原因が女性ホルモンにあるといわれる肝斑も、色素が濃くなったりすることがあるので注意が必要です。
肝班のある方にも安全・効果的な、数少ないレーザーです。「しみ」「くすみ」「美白」のご相談では、肝班が原因のことが多いです。肝班のある方、あるいは肝班の疑われる方に対して使えるレーザー機器は限られていますが、スペクトラ・ヘリオスは肝班に対しても安全に、かつ、効果的に治療を行うことができます。